パワースポットと呼び名の秘密について

今、話題のパワースポット。
これまで普通に呼ばれていた地名や観光地なども、この数年で「パワースポット」と呼ばれるようになりました。
有名な場所で言えば、フランスの「ルルドの泉」。
ここは、水を飲むと不治と思われた病気が治るという奇跡が続いているそうです。

パワースポットとして呼ばれている場所は日本にも数多くあります。
例えば、青森県にある「恐山」。
ここは、日本にも死者の霊と対話をするイタコの口寄せで有名です。

その他、和歌山県の熊野周辺を散策する人が増えていますが、古くは日本書紀にも登場する自然崇拝の地で、もともとは修行のための参詣道でした。
「熊野詣」と「お伊勢詣」(三重県)は江戸時代には広く庶民が行うようになり、今以上の大流行だったといわれています。

現在では、そういった場所に行くだけで、自然のエネルギーや活力、癒しを得られると考えられるようになり、パワースポットブームが到来しています。

こういった「パワースポット」巡りは、自らのエネルギーや活力、癒しが得られるということだけでなく、神社仏閣を身近なものにしてくれたのかもしれません。
せっかくですから、このブームにあやかり、気軽におでかけしてみてはいかがですか?

パワースポットとして呼ばれなければ、知ることすらなかった場所も知ることが出来るかもしれませんよ。

パワースポットといっても、日本中に数多くあるため、まずは、 自宅から一番近い神社に行ってみましょう。

豆知識として、日本全国には、なんと81320社もの神社があるそうです。

そして、全国で最も神社が多い県は高知県で、もっとも少ない県が沖縄県です。

自分にとってのパワースポット

パワースポットは、生命や物質の活動の源となるエネルギーが集中する場所です。
強力なエネルギーを持つパワースポットへ訪れることは、あなたの"これから"に、きっと素敵な変化をもたらしてくれるでしょう。

また、自分にとってのパワースポットがある方もいるでしょう。

あなたには、パワースポットと呼べる場所、空間がありますか?
パワースポットとして紹介されている観光地や名所などは、海外も含めるとたくさんあります。
今では、パワースポットを巡る目的で、観光旅行なども多数ありますよね。
パワースポットは、精神的にリラックス出来たり、力がみなぎるなど人によって様々で、とても不思議な感覚になるようです。
また、パワースポットといっても、人と場所との相性みたいなものもあります。
また、パワースポットといっても、人と場所との相性みたいなものもあります。
例えば、パワースポットとして紹介されている場所でも、自分は何も感じない...などです。
人気のパワースポットとはいえ、その感じ方や心地は、人それぞれです。
悩みがある時、落ち込んでいる時
自分にとって、落ち着ける場所、空間など、自分のパワースポットを見つけることが大切ですよね。

■パワースポットと言われている有名どこを紹介します!
伊勢神宮
三井寺
諏訪大社
富士山
出羽三山神社
出雲大社
明治神宮(清正井)
青島神社


☆おすすめリンク
ミュゼ宮城
ミュゼ青森
ミュゼ秋田


宝物をくれたパワースポット☆

自宅に近いパワースポット。最近友人に、まさにそんなお話を聞いたので紹介します。

もともと卵巣に病気があって婦人科にも通っており、手術をしない限り妊娠は難しいかもしれないと言われていた私の親友がいます。彼女は子どもが大好きで、将来は当然、子だくさんの家庭を望んでいました。そして病気をもったまま彼女は旦那さんとなる彼と出会い、結婚しました。しかし妊娠のことだけが心配で、しかしなかなか手術の決心もつかず・・・悩んだ彼女は昔から悩みを相談していたお友達にそのことを打ち明けました。

すると友人は、"旦那さんと一緒に〇〇神社にお参りに行って。そうすれば必ず赤ちゃんがやってくるよ"と言い、信じるか信じないかはあなた次第・・・という空気はありましたがとにかく、藁にも縋る思いだったことは確かなので、休日に旦那さんと隣町にあるその神社にお参りに行きました。

それから数日、彼女の妊娠がわかりました。以来夫婦にとってその神社はケンカしたり上手くいかない時に訪れるまさにパワースポットなのです。実は私も彼女と同じ病気を持っているので、結婚したらそこにお参りにいきなね、と彼女から言われています。まさに身近の、自分にとってのパワースポット。素敵すぎる実話を交えての紹介でした・・・☆

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261